裏技 不眠気味で悩んでいました

はじめに 睡眠について

日々の暮らしを楽にしてくれる、効果満点の生活の知恵のやり方紹介です。

裏技を知れば、もっと前からこうしていれば良かったと思うかもしれません。

貴方は十分な睡眠できていますか?

貴方は、以下の項目に当てはまりませんか?

・肉体的にも精神的にも疲れているのに毎晩寝付くまでに時間がかかってしまう。

・夜中に何度も目が覚めてしまい熟睡することが出来ない。

・朝起きても前日の疲れが残っているような感じで爽快感が得られない。

・日中に急激な睡魔に襲われ集中力が低下して仕事のパフォーマンスに悪影響が及ぶ。

など、不眠にまつわる悩みがある方は多いのではないでしょうか。

睡眠は、健康で美しい体を維持するために不可欠

睡眠は、健康で美しい体を維持するために不可欠なものです。

寝不足で心と体に不調を感じている場合は、早めに対策を講じて安眠に誘うことが大切です。

裏技 効果満点の良質な睡眠

そこで、私のとっておきの裏技のやり方紹介をします。

私も不眠気味で悩んでいましたが、効果満点のちょっとした工夫をすることで、その悩みは一気に解消されて良質な睡眠をとることが出来るようになりました。

具体的な方法についてですが、

寝室の温度や湿度や明るさを調整して眠りにつきやすい快適な空間をつくる。

アイマスクや耳栓で外的な情報を遮断して睡眠に集中することが出来る状態に導く。

・幸せホルモンとも呼ばれる脳内物質のセロトニンの分泌を活発にさせるためにホットミルクやハーブティーやココアを飲む。

ヒーリングミュージックやアロマの良い香りに癒される。

などがあります。

寝る直前に避ける安眠の大敵NG行為とは

寝る直前は、睡眠導入の妨げとなる行為をしないようにすることも心がけています。

安眠の大敵となるNG行為としては、パソコンやテレビやスマートフォンやタブレットなどの画面から発せられるブルーライト、カフェインやアルコールの摂取、体温の上昇につながる激しい運動や入浴などがあります。

ブルーライトを浴びないようにするために、寝る前は極力スマートフォンに触れないようにしています。

どうしても触れなければならない場合は、ブルーライトカット加工が施されたメガネを装着したり、スマートフォンの画面の明るさを調節したりします。

体温が高いと睡眠導入がスムーズにいかなくなるので、入浴や運動は寝る2時間前までに済ませ、寝室の温度も高くならないように気をつけます。

早めに就寝の準備を始めて、徐々に体や心や脳をリラックスモードにさせていくこともポイントとなります。

このようなちょっとした工夫をするだけで、睡眠の質は格段に高くなります。

副交感神経が優位になり自律神経のバランスの乱れも改善され、精神を穏やかに保つことが出来るようにもなりました。

睡眠に対する意識を高めることが、健康や美容に対するモチベーションの向上にもつながります。

まとめ

・睡眠は、健康で美しい体を維持するために不可欠

・アイマスクや耳栓で外的な情報を遮断して睡眠に集中する

・ホットミルクやハーブティーやココアを飲む

・ヒーリングミュージックやアロマの良い香り

・寝る前は極力スマートフォンに触れない

・睡眠の質は格段に高くなる

以上です。

おすすめの記事