築古マンション購入なるか

3月のある日物件見学した私

私はまだ薄ら寒い3月のある日、例の築古物件見学してきました。

その後どうなっているのかです。

建築基準法というのは、昭和57年を区切りに耐震基準が厳しくなっているのです。

今回の築古は、まさに以前の旧耐震基準だったのです。

すこし躊躇しました。

地震が多い国日本です。

定住するわけでもない別荘ですが、やっぱり心配なのです。

でも。

なんとまぁ購入する話は継続しています。

いろいろと情報調べましたよ。

構造をしっかりこの目で確認してみたいと思っております。

コンクリート造3階建て外階段。

地盤は、それほど軟弱でもなさそうです。

何より周りの地形は平坦なんですね。

4月ある日手付け金を支払う

その後、不動産売買契約書も手元にきました。

今は、コロナの影響なのか速達郵便で書類を送ったり来たりをしているところです。

世の中、緊急事態宣言が出されているのです。

予想ですが、売り主様は最後のリゾートマンションステイを楽しんでるのではないのかな。

鶯がいっぱいさえずっているでしょうね。

だったら、それでよいです。

私としては、待ち遠しいばかりだけども。

最後の別荘を思う存分楽しんでいただければよいなと。

ついでに、最後のお掃除をしっかりやってキレイにしておいてくれると嬉しいですけども。

さて、どうなるでしょうか。

受け渡しの日が来るのが、待ち遠しいのです。

間取り図と室内写真を眺めています

なかなか、話が進まないです

一般的な区分マンションですが、だいたい契約から引き渡しまで2か月くらいかかるみたいです。

であれば、3月に物件見学して4月に頭金入れたので2か月後ということであれば6月になるのでしょうか?

はてな。

やっぱり待ち遠しいです。

玄関とリビングダイニングルームが一体になっている間取りです。

30年以上前の物件は、こういう間取りが普通だったのでしょうか。

冬になったら寒そうな予感がします。

特に、玄関とリビングダイニングルームが一体になっています。

これじゃ、真冬に玄関開けた瞬間寒そうです。

玄関スペースとリビングダイニングルームの間にカーテン吊るしたらどうかな?

色々と思案中なのです。

改善前と改善後で写真アップしたいな玄関

そこの部分を、改善前と改善後で写真アップしたいと今からわくわくしている自分です。

手先は器用ではありません。

いろいろと手先の仕事は、自信ないのですけどね。

ペンキ塗りなんてやってみたいと思っています。

さて、どうなるかな。

築古マンションの古いトイレをどうする

洋式トイレです。

かなり古い型なのです。

まず、暖房便座はほしいかな。

ウォシュレット便座がよいなと思ったりしているのです。

ところが、トイレ内に電源コンセントがないのです。

どうしましょうか?

なるべくお安く仕上げたいのです。

お金がたくさん用意できるわけでもないです。

電源コンセントまで準備するとなると、二桁万円確実ですね?

引き渡しが済んだら、リフォーム業者を呼んで見積もりしてもらう予定です。

このトイレも、改善前と改善後を写真アップできたら良いなと思っております。

その他も簡単リフォームしたい。

まぁ予算次第ですケド。

ハウスクリーニングを業者に依頼するべきか

まず、換気扇周りのお掃除は必須ですよね。

流し台周りと、トイレそれからお風呂場はクリーニングを依頼しようと思っております。(あくまで思って)

やっぱり、水回りは業者でないときれいにならないかもしれないです。

古いですから。

その他の部屋は、当方きれいに掃除やりたいと思います。

物件見学の時、結構きれいだった部屋

外観も室内も古いです。

けれど、あまり頻繁に別荘つかっていなかったのかもしれないです。

だって、結構きれいなのです。

玄関ドアの内側が、やけに白く光っているから一度ペンキ塗りしたのだろうと思います。

室内にある柱が、これまたとてもきれいだった。

物件見学したときに、驚愕したのを覚えています。

お風呂場のかべとか、カビひとつないのです。

キレイなお風呂の壁だったです。

とても三十数年も経っているとは信じられなかったのでした。

ほんの数年使用しただけのように見えたのです。(見間違えか?)

不動産屋が、物件見学の時に言っていました。

とてもきれいお使いの売り主様ですよと。

これは、キレイ好きな性格なのでしょうねということでした。

そうでない物件もありますから、こちらの物件の売り主様はキレイ好きというかそういう性格なのでしょうと言ってました。

築古を買うこちら側としては、とても好都合な物件なのです。

 

続く。

 

 

 

 

 

おすすめの記事