年金生活者はタイのように暖かい空気と優しい人達の中で暮らしタイ!

はじめに

日本政府は、今年老後の生活には2000万円が必要だと言っています。

これは、普通に年金受給する外に必要と言っているのです。

最近のニュースでは、2000万円必要の件は、取り消すとか言い出してますケド。

一度言ったことを、よくも恥ずかしげなく取り消すだなんて言えるもんだなと

それ私だけか?

そこで、年金だけで十分暮らせるという海外移住を考えることになりますね。

当ブログ管理人でも、海外移住したくなりました汗w

日本に長く住んでいると、海外の事情が分かりません。

今は情報社会とはいえ、一度も海外に行ったことがないならば、なおさら分かりません。

現地での実際の現状というものが想像できないです。

そこで、先輩の知恵といいますか、お知恵をお借りできたらなと気持ちがわきました。

少々参考にされてみてください。

予算は1000万円として場所選び

私は去年のこと忙しく過ごしていた現役時代に終わりを告げました。

仕事をしていた時には時間の都合上楽しむ事ができなかったゆっくりとした夫婦の時間を過ごしている時ふと考えることがあります。

妻と2人で口にする機会が増えていったのがこれからの生活を営む場所についてです。

毎日同じ仕事場に仕事に行く機会が無くなり、自分自身のために時間が使えるようになるからこそ新しい目線で物事を見て生活をしていきたいという気持が夫婦の間で共通して強まっていったのです。

そこで、海外に生活の拠点を移す事を計画し始めました。

夫婦共働きでお互いに収入があったという事もあり、海外移住のために充てる予算は1000万円として場所選びを行っていました。

そうすると幸い予算が1000万円であればリタイアメントビザの取得が可能な国が多い事を知りました。

私達夫婦の海外移住先はタイで一致しました

複数の選択肢を挙げながら夫婦で検討する日々が続き、インターネットの情報や海外に精通している知人のお話などを参考にしながら検討していったのです。

かれこれ数か月後のこと、2人の間で共通して良いと感じたのがタイという国です

実はタイは以前旅行で足を運んだ事がある国で、今現在生活している場所が平均気温が低めという事もあり夫婦共に温かいタイの空気に魅了されていました。

しかも、旅先としてタイに訪れた時に考えていたよりも物が安価に販売されていて、日本から来た方に対しても優しく親切に接してくれるという様子を強く抱いた記憶がありました。

そのため、タイのように暖かい空気と優しい人達の中で今後の人生を過ごす事ができれば、充実した人生になると感じましたので海外移住先はタイで一致しました。

移住先として決めた後はより一層多くの情報と込み入った情報に至るまで調べるために、以前旅行に出かけた際に記録したメモや写真などの思い出の品を探して、現地の様相を今一度再認識してみる事にしました。

記録されていたメモを見返すと物が安価に販売されている事もあって旅行中の出費がとても低く収まっていたり、現地で暮らす方々と楽しんだコミュニケーションについて知る事ができ、移住すれば年金生活者でも金銭面で負担にならず充足感に満ちた生活ができると感じました

年金生活者の仲間にも「タイ」をお勧め

さらに、年金生活者なので今は健康体であったとしても医療機関にお世話になる機会も増える事も考えてタイの医療機関に関する情報も収集したところ、多くの日本のスタッフや日本の医療の免許を有している方も多いと分かりました。

こうした長い目で実際に移住した後の暮らしをイメージした結果、夫婦間で海外移住先はタイという事になり他の年金生活者の仲間にもお勧めしています。

以上です。

おすすめの記事