スナックのママはオレの愛人

初めにお知らせ 

以下の物語とは、無関係になりますことをお知らせします。 

なんだか、内容が続いているかのようですが別人の話であります。 

下記の題名の続きは、またいつの日にかお楽しみにしてくださいね。 

これ→カテゴリー 「スナックバーで息抜き」 題名 スナックママとお付き合いするのはハードルが高い

以上は、続編の予定あり。

こうご期待を!

お待たせしました。

ご期待に裏切らないお話を是非とも味わってみてください。

スナックママとお付き合いする まさか

 

こいはる(恋春)

いまお付き合いしている彼女がいたとしましょう。

ひとりの彼女とお付き合いしている人っていますよね。

複数の彼女とお付き合いしているひともいるかもしれない。

当方、後者のほうであると思っていただいてもよいかもしれない。

男性のあなたにお聞きします。

「愛人」ということばに、どんな響きを感じますか?

そんなの自分には関係ない遠い向こうの話だとか思われますか。

男性のあなたに、ひょっとしたら。

愛人が現れるかもしれない。 

この物語は、創造的で妄想的な部分も多いに含まれていることを最初にお断りしておきます。

読者の為に、なるべく事実を元に記事をしたためてみたいと思います。

読み手によって、どのような妄想を膨らませて頂いてもよろしいですよ。

その方が、楽しい読み物となってくれると思います。

どうか、「こいはる」の世界にぞんぶんにまったりと浸ってみてください。

  スナックのママさんはとても身固いひとだ

多くの男性からの「口説き文句」も飄々と乗り越え今日のこの日まで。

口先だけの「お上手」をいくら言っても、透けて見えてしまうのです。

透け透け?

そのこころは。。

そうです。

男なら、腰の辺りに隠し持っているアレ!

もう、かんたんにいうとエッチな欲ですね?

違いますか。

スナックのママさんは、多くの男性客と対面で毎日経験積んできてます。

相手の顔の表情のちょっとしたところも、しっかり見ているのです!

ですから、比較ができるのです。

酔っぱらった男性客の心理とか真実とか。

男のウソは簡単にバレますよと申しているのです。

スナックのママさんが気になる男性客としては、これは参りますね。

ホント。

スナックのママさん、簡単には口説けないのです!

目的別に相手を探すなら【ciel】

  スナックのママさんに口説かれるオレ

そんなの想像できます?

この頃、日々過ごしてきて思うのです。

オレって、スナックのママさんから口説かれているよね?ね

おぉ?

まさかのかさま 

普通じゃないですよね。

普通だったら、男性のほうからアタックするものですよたぶん。

そして玉砕にあうのが大方の結末なのです。

そうですよね。

タマには、例外もあるでしょうが。 

タマの例外は自分だった

そりゃ、例外もレイガイですから。

ある時、口説かれている自分、我に返ったのです。

「あなたの目を見れば信用できるひとかどうかわかる!」というのですよ。

そうなのか。

こんな自分でも信用されているみたいだ。

信用されるなんて、とても良いことではないですか。 

 スナックのママさんと居酒屋デート

出会いの頃は、向こうから「居酒屋行きたいと」せがんできたのです。

スナックの休みの日に、ふたりだけで行きたいのだとです。

スナックのママに気のある男性としては、悪い気はしませんね。

何度か居酒屋デートしました。

その都度、悩みごとを聞いてあげたのです。

やっぱり人間ですから、だれでも悩みがあります。

当たり前ですよ。

そうは言っても、悩みを話せる相手は誰でも良いわけじゃないですよね。

それで、このオレしか話せる相手がいないということでした。

 恋人の鐘デートスポットまでドライブデート

会話の楽しいのがスナックのママさんです。

地元で景色の良いところへ、いくつかドライブデートしました。

 恋人同士が鐘をならすデートスポットにも行きました。

とても、そこが気に入ってくれました。

ふたりで歩くたびに手をつないで腕を組んで、です。

日本という異国の地で、少々センチメンタルになっていたのかもしれませんね。

優しく肩を包み込むように抱きしめるのでした。

それでもこんなに、自分なんか気に入ってもらえて幸栄だな。。。

コレは信じられない時間だな。

思わずほっぺを抓ってみたのです。

イテッ! 

いつものスナックで身固いママ

お客様から、身体に触れられると猛烈な拒否反応をするスナックのママをみていました。

ですから、スナックママと「アッチ」の関係になるなんてことは普通ではあり得ないのです。

 でも少しくらいのタッチなら、別にいいのですけどね。

自然に触れる程度なら、それは自然の表現ですから。

誰でもそうじゃないでしょうか?

少しでも好感を持っているひとからのタッチであれば、少しくらいのタッチは嬉しいものですたぶん。

その逆に、嫌いな感情があるひとから触れると気分害します。

まぁ、自然ってことです。  

スナックのママに口説かれるオレ

いまでは、愛してるの秘密の関係。

「愛人」ということばがあります。

ホ〇ルでの愛情表現は、もの凄いです。

凄いのはスナックママのほうですよ。

アッチ」の欲望がこんなに強かっのたか。。。

ひとは、見かけによらないです。

ほんと。

美人で優しい笑顔が素敵なママさんであってもひとりのなのですよね。

実感してます。

1週間くらい経ちますと「あっち」がしたいと連絡がはいるのです。 

この際、あっちの弱い男は辛いですね。

こんなことでよいのだろうか?

ビシッ-! オレは男だ!

しっかりと立てー!!

クルマはデートスポット

ふたりは還暦前後なのです。

歳を取ると若い人たちの真似が好きになるのかもしれないです。

クルマの中では、イチャイチャが始まってしまうのです。

スナックのママの手が、私の手をつかんでひっぱりこみます。

そのゆたかな胸に手を招きいれるのです。 

あなたが悪いせいで「す〇べになった」と繰り返し喘ぎ騒ぐのであります。

そりゃごめん。

悪い男のオレのせいだよ。

許してあげるからオレも許してね!?  

この物語は、創造的で妄想的な部分も多いに含まれているかもしれないことをお断りしておきたいと思います。

 ではご自由に。

 

続く。

ご注意ください。少々官能的かもしれません。

 

おすすめの記事