英国は遠い国でも実は

自宅は英国のようで

家に帰ると英語の話声が聞こえてきました。

おぉ?

ここは、日本のはずだが?

なんてな。 

我が家の中は、英会話が飛び交っている状況なのです。

断っておきますが、私は、英語だめですよ!

息子と息子の嫁さんで会話すると、英会話って話なんですね。

私が、自宅に帰ると「ハロー」なんて声が掛かったりします。

おぉ。

こんな場面で、なんて応えれば良いのだろうか。

どぎまぎしちゃいます。

ただいま!

まぁ、日本人的には「ただいま」と言えば良いです。

ですが、なんて応えたら良いのか見当もつかない自分は「帰ったよ」などと言ってしまうのであります。

但し、息子の嫁さんには通じていないようで。

キョトンとしてます。 

こちらとしては、気をまわしてしまうのですよね。

こういう日本語では、彼女分からないかもしれないのでとかです。

それで、考えた挙句の日本語が変になっちゃったりするのです。

たぶん。

そんな具合なので、我が家の中は英語が通じないと少し厳しいのかもしれません。

チョー、厳しい?

夫婦喧嘩も英語で何を言っているのだか

仲の良い夫婦でも、時々あります。

聞いてるこちらとしては、困ります。

日本語ならば、何が原因で口喧嘩しているのか分かりますけども。

さっぱり分かりません。

口ケンカの仲裁も、してはみるのです。

そんなとき自分でも何を言っているのだが、不明になったりします。

やがて、ふたりは抱っこし合いながら大人しくなるのですけども。

ヤレやれ

ここは、英国なのでした。

 夕食時のこと、耳をそばだてて

夕食の時、ふたりの会話に耳をそばだてていました。

なんとか、英会話をマスターしたいなと言うことです。

実は、私は昔から目標を持っていました。

それは、「日常英会話をマスターする」なんです。

そういう意味では。

我が家は、とってもいい環境が整っているのかもしれません。

日常英会話をマスターするぞー!っと。

気合が入るのでした。

 聞いたことがある英単語が少々

よく耳をそばだてていると、時々聞いたことのある英単語が聞こえます。

なんとか、理解しようと歯を食いしばるのですが。

分からん時は、分からんです。

悔しいがそんなもんでしょね。 

日常英会話をマスターするぞ

息子の嫁さんに英語を教えてもらえばよいじゃないかと、人は言います。

しかし、そんな簡単なもんじゃないですよ。

英会話の先生に教えてもらうのと違って、なんだか恥ずかしいのが先に立ちます。

だから、家の中で英会話の勉強できていいね、なんて人は言いますが。

無理なんです。

そんな甘くはありませんってことです。 

アイムファインセンキューアンドユー?

なんて言えますか。。

息子の嫁さんにです。

英国人の(息子の嫁さん)彼女はとても英国人っぽいキュートなひとです。

 

なんとか、日常英会話をマスターするぞ

えいえいオー!

 

 

おすすめの記事