コラム

近くの大きな薬局に行った

近くの大きな薬局に行ったよ

今日は202035日木曜日(令和2年)

何が目当てなのか?

さぁ~、なんでしょね!?

それはね。。

いま、話題沸騰のあれですよ!

あれ!

トイレで使用します。

トイレットペーパーなるものです。

そしたらね、無いのです。

ティッシュペーパーが数個ありましたケド。

どうしちゃったのでしょうか。

トイレットペーパーがない

どうやら、デマが拡散してそれがテレビニュースにまで出てしまったということで。

まさにテレビ放映したのが、トイレットペーパー無くなることに活躍しちゃったのです。

デマを拡散した元々の人がいるわけで。

そちらが、一番いけないのです。

九州地方で、トイレットペーパーが商品棚から消えてしまったと。

それを、テレビニュースで流したとすれば、当然みんな買いに急ぎますよね。

無くなっちゃたら困りますもの。

原材料がマスクと違うトイレットペーパーだから

新型肺炎で世界中が気を付けています。

そら恐ろしそうな話聞きますから。

持病があると余計に危ないようです。

高齢者であったり普段から病弱なひとは特に注意しましょう。

1か月くらい前からでしょうか。

白いマスクが商品棚から消えました。

それまでは、百円ショップなんかに行きますと出口辺りに山積みだったのです。

いまは、過去の話し。

何にもありません。

どこに行っても無いものはないマスクです。

あれほど山にして置いてあった白いマスクがない。

1箱30枚入りだったのです。

自宅には、前の買った箱が残っています。

中身も少々あります。

これは、ほんとほしいですね。

白いマスクがこんなに貴重品になるなんて、誰が想像したでしょうか?

ほんの二か月前までであれば、山積みで商品置いてあったのです。

これは、学習しましたよ。

ならば、トイレットペーパーなるものも、無くなってしまうだろうと。

であれば、3か月分くらいは買いためて置かなくてはいけないぞ!

そうだそうだ!

てなわけで、商品棚に殺到したのですキット!

ニュースで言ってました

マスクとトイレットペーパーの原材料はまったく違うものである。

そして、トイレットペーパーの材料は100%に近く日本国内製であること。

だから、肺炎が日本に流行しても製造自体がストップすることはないのでした。

だれですか?

不安を煽って社会を陥れようと企む人

わざとじゃないかもしれないです。

結果的に、トイレットペーパーが商品棚から一切なくなるという社会不安現象となりました。

それから、不安を鎮めるようにとニュースで流しています。

トイレットペーパーの製造会社にはロールになった白い原材料がたくさんありました。

完成品もそれこそ、山積みになっている写真でした。

一安心しました。

今日はもうひとつの大きな薬局まで歩いて行きましたよ。

そしたら、そこにはありました

1袋18ロール入り360円なのでした。

ひとり1袋と言う規定で、1袋買って帰ってきたのです。

やれやれ

次に今度商品棚の在庫が安定したら

今度商品棚の在庫が安定したら、3か月分くらいを予備に置いておこうと思っております。

今はないですが、あの白いマスクも3か月分くらいを目安に備蓄したいと思っております。

参りましたからね。

私、普段はのんびりしていますが、今回のことで学習したのです。

その他備蓄しておいた方がよさそうな品物

女性ですと、生理用品とかありそうです。

いくつかあげてみたいと思います。

ティッシュペーパー

カップ麺

単三乾電池

単四乾電池

紙コップ?

・・・

 

案外ないかもしれないですね。

冷静になって行動しましょう。

それができる為には、普段から困らない程度の備蓄が必要なのです。

いまは、その時じゃないです。

製造会社も販売店も商品を売ってこそ、利益追求できるわけです。

けっして売り惜しみをしているのではないことだけはわかりますよね。

逆に、こんな時だからこそたくさん売れるはずだから、商品棚に一杯並べたいのが販売店のほんねでしょう!

それが、ないからみんなが皆、困っちゃったのでありました。

まずは落ち着きましょう。

 

以上です。

 

 

-コラム

© 2020 のんびりキヨシのブログ