海外移住

年金生活で海外移住 預貯金250万円でビザが下りるタイがイチ押し

はじめに

今回は、私の知人で海外移住に長けている西田さん(仮名)のお話をまとめました。

老後は退職金と預貯金、それから年金の制限内で物価の安い海外移住に方向転換するのも選択肢の1つです。

東南アジアを主としていろいろな国では、外国の人達が移住やロングステイをするための退職者向けビザ(リタイアメントビザ)を発給している。

 ロングステイ希望国1位は13年連続のマレーシア

先頃、「ロングステイ希望国・地域2018」のトップ10が発表されました。

1位は13年連続のマレーシアです。

マレーシアは長期滞在査証「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム」があり、気候や医療水準などの生活面が評価されています。

2位はタイ

3位はハワイ

4位は前回からランクアップのフィリピンと続く(ロングステイ財団調べ)。

マレーシアは年金生活者が移住しようとすると厳しい

マレーシアは制度が優れていて、英語も通じ易く、治安も悪くはない、と言います。

とは言っても、年金生活者が移住しようとすると厳しいそうなのだ。

長期滞在ビザの取得には年齢制限はありませんけれど、財産を1000万円持っているということが条件になります。

年金を含めて月額20万~30万円の収入も求められます

シンガポールは富裕層向け

隣国のシンガポールは日本人にすごい人気だが、物価が高い上、リタイアメントビザの制度が無いため、富裕層向けです。

日本語だけで暮らしが完遂するタイ

そこで薦めるのは、2位にランクインしているタイ

80万バーツ(約250万円)を地元の銀行に預けられる50歳以上であるなら、リタイアメントビザ「ノンイミグラントO―Aビザ」(1年更新)が受け取れる。

夫婦であれば、1年目はそれぞれの口座に80万バーツが必須だが、2年目だったらいずれかに入っていますとOKです。

毎月の収入が無くてもいいのです。

生活費は月額6万円あるなら十分

生活費は月額6万円あるなら十分なので国民年金だけでの年金生活者も移住しているそうです。

気候がよくて親日国ですので、住み易いです。

日本人は7万人おり、マレーシアの3倍も日本人が多い。

このため、日本食のレストランや日本語の書物も用意されていますし、TV番組も日本語で見えます。

日本人県人会や大学同窓会とかコミュニティーも存在して、ゴルフや飲み仲間と楽しむ人もたくさんいる。

タイは、日本語だけで生活が完了させることができます

日本人スタッフや専用窓口が併設されていたり、日本で医師免許を取得した医師のいる病院もあります。

医療費は、クレジットカードの付帯保険が利くほか

医療費は、クレジットカードの付帯保険が利くほか、現地に勤めているとしたら社会保険をかけることができるし、日本人向けの民間の医療保険もあります。

たとえば、タイ国内最大の生命保険会社「AIA」は、邦人医療共済保険(65歳まで)以外に、高齢者医療保険(46歳以上90歳までが対象)もありしっかりしている。

移住手続きも手軽で、リタイアメントビザを取得後はパスポート1つで住居の契約も可能です。

日本人は信用を得ているので、お気に入りの物件が見つかったら、看板などを見て大家にコールし直接交渉もできます。

空いていたら内覧もでき、その日のうちに契約を済ませられるというようなケースもある。

日本人街なら、現地で情報を入手できる環境があります。

1DKのアパートで月額1万5000円が賃貸料平均額

5万円も出せば高級マンションで生活できますし、10万円なら2~3ベッドルームでメイドサービスつきのコンドミニアムに住めます。

とは言うものの最近は、独居老人の孤独死が問題となっています。

北部チェンマイでは、年間20~30人の日本人が孤独死していると報告されています。

1人で移住されるケースでは、日本にコンタクトが取れる環境を整備しておくことです。

次にあこがれのフィリピンです

LCCなど路線網が拡充し、アクセスがいいのと、リタイアメントビザ(特別居住退職者ビザ=SRRV)が35歳から取得可能なのが人気の理由になります。

セブ島といったビーチリゾートならば治安もよく、英語を勉強することを目的にロングステイする人はたくさんいます。

年金世代の移住もあり、マレーシアやタイよりも現地の物価が安い点が魅力のようです」

経済要件も、50歳未満ならば5万米ドル(約550万円)、50歳以上だったら2万米ドル(約220万円)を政府指定の銀行口座に送金して、外貨定期預金にしたらOKだ。

東南アジアの中でも英語が通じ易くて生活するのが楽なフィリピン

フィリピンというとお金や女性を巡る事件が多いイメージですが、そのほとんどが在住の日本人同士のトラブルです。

貴方はどうでしょうか。

老後は年金生活を送ることになるのであれば再考されるチャンスではないでしょうか。

年金受給の範囲内でリゾート生活を送る人生も悪くないでしょう。

以上です。

 

 

 

 

 

 

-海外移住

© 2020 のんびりキヨシのブログ