海外移住

年金生活者だけでなく、多くの日本の若者がフィリピンを訪れます

年金生活者になったら海外に移住しよう

日本政府は、今年老後の生活には2000万円が必要だと言っています。

これは、普通に年金受給する外に必要と言っているのです。

最近のニュースでは、2000万円必要の件は、取り消すとか言い出してますが。

そこで、年金だけで十分暮らせるという海外移住を考えることになりますね。

当ブログ管理人でも、海外移住したくなりました汗w

日本に長く住んでいると、海外の事情が分かりません。

そこで、先輩の知恵といいますか、Dさんのお知恵をお借りできたらなと気持ちがわきました。

少々参考にされてみてください。

年金生活者になったら海外に移住しようと

若い頃から、退職して年金生活者になったら海外に移住しようと考えていました。

計画では50代に入る前に早期退職して海外へ出るつもりでしたが、仕事が忙しくて早期退職は無理でした。

退職して年金生活に入り、やっと海外移住を考えられるようになりました。


ここ数年で、知り合いのカップルが次々と海外へ移住しています。


一流企業に勤めていても老後が不安な日本なので、海外移住者が増えるのも納得です。

フィリピンが海外移住先


海外移住先は東南アジアに絞っていましたが、よくお勧めされるタイではなくフィリピンを選びました。


予算は余裕を持って計上しておいたので、シンガポールは無理でもフィリピンなら大丈夫です。


フィリピンは昔から在留邦人が多い国で、永住者は全体の3分の1を占めています。


老後が不安になりフィリピンに移住する人は多く、友人夫婦も移住者です。


フィリピンは日本よりも物価が安く、商品にもよりますが約3分の1くらいで購入できます。


経済成長率が上がっていても、月額20万円あれば十分に暮らしていけます。


フィリピンは若者が多いため、これからの発展も期待されています。


最近は退職した年金生活者だけでなく、多くの日本の若者がフィリピンを訪れます。


彼らの目的は留学で、留学先の定番といえばセブです。


フィリピンは公用語が英語で教師のレベルが高いため、留学生に人気があります。


物価が安くて生活費を抑えられることも、留学先に選ばれている理由のひとつです。


海外移住しても、日本人が多いと安心できます。


フィリピンは日系企業が多いこともあり、住まいや食生活でも困ることが少なく住みやすい国です。


病院のレベルも高いので、医療の面でも心配せずに過ごせます。


東南アジアの他の国と比べても、住みやすい国のひとつです。


海外移住の重要ポイントはビザで、どの国にもビザ取得の条件があります。


国によっては、富裕層でないと不可能な資産残高を条件にしている国も存在します。


フィリピンの場合、退職ビザが比較的取得しやすいです。

 

フィリピンは35歳から退職ビザの取得が認められている


他の国と大きく異なるのが年齢制限で、35歳から退職ビザの取得が認められています。


資産条件はあるものの、条件をクリアすれば若い人でも退職ビザを取得できます。


友人夫婦も40代でフィリピンに渡っています。


日本人向けの住まいが多いエリアは、比較的治安が良くセキュリティがしっかりした建物が多いです。


世界で最も安全な国と呼ばれる日本から海外へ出ると不安になる人もいますが、フィリピンの場合は自分で気をつけていれば問題なく安全に暮らすことができます。

以上です。

 

-海外移住

© 2020 のんびりキヨシのブログ