海外移住

夫婦で話し合った結果タイに決まりました

はじめに  タイに住みタイ!

日本政府は、今年老後の生活には2000万円が必要だと言っています。

これは、普通に年金受給する外に必要と言っているのです。

最近のニュースでは、2000万円必要の件は、取り消すとか言い出してますケド。

そこで、年金だけで十分暮らせるという海外移住を考えることになりますね。

当ブログ管理人でも、海外移住したくなりました汗w

日本に長く住んでいると、海外の事情が分かりません。

今は情報社会とはいえ、一度も海外に行ったことがないならば、なおさら分かりません。

現地での実際の現状というものが想像できないです。

そこで、先輩の知恵といいますか、Aさんのお知恵をお借りできたらなと気持ちがわきました。

少々参考にされてみてください。

海外移住先は東南アジアに絞っていた

海外移住を考えている年金生活者ですが、検討結果を報告します。

最近は海外移住について紹介するサイトが増えています。

海外移住を決めた日から、毎日のように関連サイトをチェックしていました。

どのサイトでもお勧めされていた国がタイです。

タイに移住する日本人が多いことは知っていましたが、その数はさらに増えていました。

退職する前から海外移住先は東南アジアに絞っていたので、最終的な決断は早かったです。

予算は海外移住を考えた頃から決めてありました

マレーシアは単身赴任で滞在していたことがあり、非常に魅力を感じていました。

英語が通じるし治安もよく、制度も充実しています。

マレーシアはロングステイ希望国の1位に輝く国で、日本から移住する人も多いです。

メリットが多いマレーシアですが、問題は1000万円の財産が必要なことです。

さらに月額20万円から30万円の収入も必要なので、普通の会社員だった年金生活者にとってはギリギリのラインになります。

予算は海外移住を考えた頃から決めてありましたが、マレーシアだと予算オーバーになってしまいます。

夫婦で話し合った結果タイに決まり

ある程度予想はついていたものの、夫婦で話し合った結果タイに決まりました。

タイには多くの魅力があります。

物価が安い東南アジアだと、月に10万円から30万円程度あれば生活ができます。

タイは滞在ビザが取得しやすく、少ない年金でもリッチに暮らせます。

微笑みの国と呼ばれているタイは仏教国で、日本との縁も深い国です。

海外移住者にも優しい国で、50歳以上の日本人であれば80万バーツと年金の受給を条件に退職者ビザを取得できます。

タイのスーパーでは日本の食材を簡単に入手できるので、日本と変わらぬ食生活が可能です。

月に10万円もあれば、広いアパートでリッチな暮らしが実現します。

月に20万円の予算、10万円で生活すると毎月10万円貯金できるぞ!?

予算は月に20万円なので、10万円で生活できるとしたら毎月10万円の貯金が可能です。

日本では毎月ギリギリの生活をして貯金もできない生活ですが、タイなら豊かな生活をしながら貯金もできます。

国民年金だけでもタイに移り住む人がいますが、その気持ちはよくわかります。

現在の日本では、物資な豊かさと心の豊かさを手に入れることが難しくなっています。

日本は大好きですが、海外に移住してリッチな生活をしている姿を想像すると嬉しくなります。

タイに移住しても、飛行機を利用すればすぐに帰国して日本の友人に会うことができます。

最近は格安航空券があるので、国内旅行と変わらないチケット代でタイと日本の間を往復することが可能です。

以上です。

-海外移住

© 2020 のんびりキヨシのブログ