海外移住

海外移住する年金生活者が激増タイに住みタイ!?

日本政府は、今年老後の生活には2000万円貯蓄が必要だと言いだしています。

これは、普通に年金受給する外に必要だと言っているのです。

これは、夫婦で言ったら4000万とか6000万円という数字になります。

これだけのお金を貯蓄できているひとは、いったいどのくらいの割合なのでしょうか。

大変疑問に思うところです。

そこで、年金だけで十分暮らせるという海外移住を考えることになるのですが。

日本に長く住んでいると、海外の事情が全く分かりません。

今般は情報社会とはいえ、一度も海外に行ったことがないのであれば、なおさら分かりません。

いえ、現地での実際の現状というものが想像できないのです。

そこで、先人の知恵といいますか、お知恵を拝借できたらなという気持ちがわきました。

少し参考にされてみてください。

海外移住先を考えていた

仕事を退職する前は、海外に拠点を構える企業とも取引をする機会が多かったため仕事柄高い頻度で世界各国に足を運びました。

世界各国を実際に訪れる日々を送っている中で日に日に強くなっていったのは、退職した後は日本を離れて海外に移住する事です。

実際に長年勤めた仕事を退職し、現役の頃には過ごせなかった夫婦水入らずの時間や子供や孫との時間を楽しみつつ海外の移住先について本腰入れて探し始めるようになった時、数多くの選択肢の中で絞られた海外移住先はタイです。

タイを海外移住先として選定した理由は、海外移住に際して考えている予算は400万円である様子が関係しているのです。

その他、同じく予算という観点では早い段階から選択肢には入っていたものの、途中段階から候補を外した選択肢もあります。

海外移住についてよく調べるようになってから理解したのは、今日のように現役で働いていた仕事を退職し年金生活者となってから海外移住を検討したり、実際に移住する方が増加傾向にあるという紛れもない事実です。

それから、受け入れ先の各国は海外移住を考えている日本人の年金生活者の方たちに対し、様々な条件を提示している事もあります。

そのため、当初有力候補として考えていた移住先についてより一層深く調べていくと、移住をする際に必要になる長期滞在のためのビザを取得するには一千万円の財産を有している必要があると知り、予算は400万円と考えていた私にとっては予算の都合上選択肢から外すという決断に至りました。

予算内で無理のない海外移住先はタイ

そのように海外に移り住んだ後の生活費のみならず、移り住む事を受け入れて頂くためにも財産が判断基準になると知った事を受けて移住先の選定を改めて行ったところ、タイが新たなる海外移住先と決めた次第です。

タイも現役で仕事をしている時に訪れる機会が多かった国であり、現地の人々も気さくな人柄で訪れる事を楽しみにしていた好きな国なのです。

タイは地元の金融機関に対して250万円を預ける事ができればリタイアメントビザという退職し、年金生活者となってから海外移住を行おうとしている方に対するビザが発行されると知りました。

タイは1か月6万円で暮らせる海外移住先

250万円であれば400万円の予算を考えている私にとっては予算内に収まるため、同じように予算は400万円で海外移住を行おうと考えている方にとって海外移住先はタイがお勧めです。

しかも、毎月一定の収入が無ければ海外移住を受け入れて頂けない事例もある中、タイは毎月収入が無くても受け入れて頂ける上に生活費も1ヶ月間あたり6万円もあれば十分なので海外移住先はタイに決めました

以上です。

-海外移住

© 2020 のんびりキヨシのブログ