海外旅行

マレーシア クアラルンプール海外出張すき間の時間で楽しむ異国情緒(Ⅱ)

はじめに

今回も私の友人Aさんのお話をご紹介します。

仕事の都合で時折、東アジアや東南アジアに出張することがあります。

商談であったり、仕入をしたりしますので、なかなかゆっくり観光する時間はとれませんが、それでも日程をやりくりしてできるだけ楽しむようにしております。

今回はマレーシアのクアラルンプールに訪問した時の雰囲気やおすすめのスポットなど体験を通じてお伝えします。

マレーシア(クアラルンプール)の気候、言語、通貨、時差

訪れたのは7月だったのですが、とても暑かったです。

日本より赤道に近いので、仕方ないですね。

注意すべきことは冷房が効き過ぎのところがあるので、羽織るものをもっていくと便利です。

飛行機内も冷え過ぎで参りました。

公用語はマレー語ですが、英語でどこでも通じるようです。

私はいつものようにカタカナ英語でコミュニケーションしましたが、特に問題ありませんでした。

通貨はリンギットです。

いまだと1リンギット26円ぐらいでしょうか。

電卓もってないと日本円でいくらなのかは分かりません・・・

日本との時差は1時間です。

日本の方が1時間進んでいますので、日本の方に連絡するときにはご注意ください。

クアラルンプール空港

日本からマレーシアまでの直行便の飛行時間は7~8時間です。

東アジアと比べると少し時間かかります。

ここも規模がおおきい空港です。

入国審査も待ち行列長くて、時間かかりました。

見ていると審査官が急に席立っていなくなりゲート数が減ったりしていました。

ここは時間にはとてもルーズな国のようです。

空港から市街地への移動には、今回はバスが安いとのことで、使ってみました。

事前の情報では時間がいい加減で、渋滞で到着も遅れ気味と聞いていましたが、バス乗り場にいくと、バスが待っており、渋滞することなく、セントラルの駅に1時間ぐらいで到着しました。

途中、椰子の密林など通って行って、南国に着たんだなあという気分になりました。

クアラルンプールの移動

ここでの移動は難しいです。

電車はセントラル駅では、各社の路線がすべて集まっており便利ですが、どこに行くのも途中乗換が必要な感じで、かつ駅から駅で少し歩かないといけないところが多かったです。

バスは有料と無料があるらしいのですが、行き先もどこか判別できず、使えませんでした。

地元の方はたんさん乗られておりましたが・・・

今回は使いませんでしたが、マレーシアはタクシーが安いので、目的地に早くいきたいときはタクシーを使った方がよさそうです。

マレーシアのグルメ

どんな料理も基本辛めです。庶民的な食堂(仮設のテントとか、店の入り口の外にオープン席があるようなところ)がおすすめです。

とても安かったので、少し詳しく伝えておくと、お昼にいただいたのがインド料理です。

バナナの皮にごはんと、おかずが小さい器で8つ少しずつ盛られていて、お好みでごはんにかけながら、いただきました。

本当は手でそのまま食べるようですが、さすがに慣れずスプーン使いました。

ここはなんとごはんもおかずもおかわり自由でした。

お値段は一人前で300円ちょっとでした。

びっくりするくらい安いですね。

夜は別の店で、ナシゴレンやミーゴレン、麺類、オムレツなど単品をいくつかいただいて、サービスでスープも出していただきました。

これで一人当たり400円弱です。

食事だけは満足できるものでした。

高級住宅街バンサー地区

クアラルンプールの高級住宅街で、別荘が立ち並ぶと聞いて、寄ってみたのですが、寂れた廃墟となっているところが多く幻滅しました。

今回は業務の都合であまり外出はできなかったのですが、どこにいっても街は工事中で、未整備なところが目立ち、この国は発展途上中なのかなと感じました。

ブキッビンタンの屋台のお値段高かった

アジア随一の屋台街と聞いて、ブキッビンタンのアローストリートにいってみました。屋台がところ狭しと並んでいて、人であふれかえっていました。

肉料理に、魚介類、フルーツ系いろいろ魅力的なものは売られていましたが、とにかく高かったです。

おそらくですが、観光客向け料金になっているのでしょうね。

安くおいしいもの食べられると期待していたので、残念でした。

これはすごい超高層ビル「ペトロナスツインタワー」

有名なツインタワーがあると聞いて、少しだけ立ち寄りました。

図体が大きいものですから、なかなかツインのビル全体が視界に入ってきませんでした。

歩いて探してビューポイントにようやくたどり着きました。

ちょうど陽も落ちて真っ暗となり、ネオンを放つツインタワーをみあげました。

正直クアラルンプールには安い食堂ぐらいしかおすすめがないと思っていたのですが、ここだけは荘厳です。

一度は、生の貴方自身の目で見ることをお勧めします。

よく映画で使われるというのも納得できました。

クアラルンプールのお話し最後に

業務の合間に訪れたスポットを中心にクアラルンプールの雰囲気をご紹介させていただきました。

首都クアラルンプールで見ておきたいのは、超高層ビル「ペトロナスツインタワー」や旧市街に点在するいムーア建築の建築物。

観光目的であればマレーシアはクアラルンプール以外に素敵なところがあるようです。

その他で人気の高いのはリゾート地である「ペナン島」とボルネオ島の「コタキナバル」の2つ。

どちらもクアラルンプールから距離が離れているので、見たいものに合わせて計画すると良いでしょう。

手軽にマレーシアを楽しむなら3泊4日ツアーもお安くあるようです。

最後まで読んで頂き有難うございます。

今回は、以上です。

 

 

 

 

 

-海外旅行

© 2020 のんびりキヨシのブログ