私の健康法

私の秘密の健康法(Ⅰ)

はじめに

こちらのAさん(60代女性)は、自分なりの健康法を実践しています。

やはり、普通のひととはちょっぴり差がありそうです。

いいですね。

ひとそれぞれ、そのひとに合った健康法なるものがあるはずです。

そして、毎日実践できたら素晴らしいと思います。

100歳超えは当たり前の人生!

さてどんな健康法でしょうか。

興味津々ですね。

是非、自分に振り返り参考としてみてください。

ではどうぞ。

腹8分

シニアの私が実践している健康法はとっても簡単です。

毎日の食事は腹8分目にとどめて必ず野菜や海藻から食べ始めることにしています。

私のようなシニア世代になると、周囲で成人病になっている人が非常に多いです。

それを防ぎたくて、とにかく脂肪や糖分などを摂りすぎないようにするにはどうすればよいのかを考えました。

その結果、自分の場合は満腹になるまで食べないこととご飯やパンなどは最後に食べるようにしています。

この食習慣を身に着けるのは簡単なようで初めはなかなか難しいのですが、それは糖質型の食生活を続けていたせいです。

できれば、血液の状態をよくするために毎日玉ねぎや海藻類を積極的にとっています。それでもやはり年齢を重ねると、コレステロール値は高めです。

サーフィン

適度な運動も大事なので、笑われるのですがサーフィンをやっています。

若い時からやっていたのですが、最近又始めました。

若い子たちと一緒に海に入るのは何よりのアンチエイジングですし、とっておきの時間で幸せを感じます。

波が悪い時にはみんなでおしゃべりするだけでも十分にリラックスできるので、これも健康法になっていると思います。

身体を定期的に動かすことの大切さは、年齢を重ねるとともに痛感しています。

ぎっくり腰や腰痛、骨折などをしている同世代が非常に多いです。

それを防ぐためには全身を柔軟に保って、適度な筋肉をつけることは必須です。

筋力トレーニングもやっていますが、景色も変わりませんし退屈なので私の場合は長くは続きません。

筋力トレーニングやジョギングは私には向いていませんが、マリンスポーツなら行くだけでも楽しめますし、良い波に乗れたらさらに幸せな気持ちになります。

60歳を過ぎてやっている人が意外と多いスポーツというのも、何かの縁なのかもしれません。

サーフィンをした後はご飯がおいしいですし、たくさん食べても太りません。

でも油断は禁物ですので、食べすぎないように注意しています。

ケガさえしなければずっと海には通いたいですが、だんだんそれも難しくなるかもしれません。

たんぱく質

食生活で健康な体を作っておくことが大切と考えています。

野菜だけでなく、たんぱく質を多くとるようにしていますが、それも私の身体に合っているようです。

1日に一回は必ず卵を食べたり鶏の胸肉やささみといった高たんぱく低脂質のものをとって、美容と健康の維持に気を付けています。

健康を意識することで、肌も弾力がアップしたようです。

改めて健康と美容は直結していることを実感しています。

私の健康法は、食習慣の徹底と海へ行ってサーフィンを楽しむことでこれからも元気でいたいです。

以上です。

追記として

アンチエイジングの意味

アンチエイジングとは、「老化・加齢に対抗する」ということです。

いつまでも若々しい心と体を維持したい、実際の年齢よりも若く見せたい、または見られたい、出来るだけ長生きしたい、という欲望は、老若男女すべてに共通しているといえます。

 

 

-私の健康法

© 2020 のんびりキヨシのブログ